art space co-jin アートスペースコージン
menu

pickupピックアップ〜co-jin以外の展示・イベント

  • 展示

第3回 障害のある人と芸術文化活動に関する大見本市 「きいて、みて、しって、オンライン見本市。」

会場:オンライン上

第3回 障害のある人と芸術文化活動に関する大見本市 「きいて、みて、しって、オンライン見本市。」

障害のある人の芸術文化活動をきく、みる、しる3日間さあ、オンライン見本市でたくさんの人·モノ·ことに出会いませんか。「障害のある人と芸術文化活動」に関する多様な個人·団体·活動を紹介するこの見本市。今年は、オンラインでの開催となります。表現する人たちの様子を知りたい、芸術文化活動の機会や場を探している、活動の相談先を探しているなど、次の一歩を踏み出すヒントとして、各プログラムをお楽しみいただき、新たな出会いの場となれば幸いです。


--------------------------------------


・プログラム1 [アーティストトーク] かたるSOUP(YouTube配信・申込不要)


障害のある作家と、彼らとともに協働するアーティストが登場します。作品をかたる、制作風景をかたる、共有している時間をかたる、映像を通してかたる…。宮城発のアーティストトークをお楽しみください。


・プログラム2 [宮城の活動×全国の活動のクロストーク] ひらけSOUP(YouTube配信・申込不要)


新たに活動をはじめた·はじめる団体と、「障害のある人と芸術文化活動」の領域を豊かにするアーティストや文化芸術団体に視点をあてたプログラムです。宮城の団体が、活動の現場から発信·中継し、オンラインの利点を活用して「あってみたい。みにいきたい·はなしてみたい」県外の活動実践者と話をするトークライブです。/進行:坂部 認・柴崎由美子(NPO法人エイブル・アート·ジャパン)


・プログラム3 [障害のある人たちのまなび×芸術文化] まなぶSOUP(Zoom参加型・要申込・どなたでも参加できます・手話通訳あり)


障害のある人が地域で豊かに生きるとはなんだろう。生涯学習とはなんだろう。でも、学校を卒業すると参加できる社会資源はあまりに少ないな…。こんな気持ちをもったことはありませんか?現在、国内では厚生労働省·文部科学省·文化庁などの分野が横断的にこの課題に向き合って調査や実践を加速させています。今回は「障害のある人と生涯学習」「芸術文化と社会包摂」をキーワードにしてオンラインセミナーを実施します。/進行:櫻井育子(生涯発達支援塾TANE/宮城県)·田口ひろみ(NPO法人ポラリス/宮城県山元町)


・プログラム4 [スペシャルコンテンッ] みんなでつくるよ!広場の人形劇(YouTube配信・申込不要)


宇宙や海のなかで、嬉しかったこと、悲しかったことを話はじめる人形たち。ハラハラ、どきどき、さぁ、はじまり、はじまり〜。人形劇の上映のあとは、アフタートークとして2年間のワークショップを振り返ります。


・Zoomお試し会(要申込)


今回は初めてのオンライン開催ということで、Zoomの使い方について、お試しやご相談ができる日を設けます。


------------------------------


※プログラム3、Zoomお試し会のお申し込みについては、下記の「イベント詳細ページ」よりご確認ください。


※各プログラムの参加作家、日時などの詳細は、下記の「イベント詳細ページ」よりご確認ください。

日程

2021年2月7日(日)–2月9日(火)

10:00-16:00

会場

オンライン上

料金

無料

通信費等は自己負担になります

お問合せ

特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン東北事務局
〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町2丁目3−22第五菊水ビル3階
TRAC(東北リサーチとアートセンター)内
TEL:070-5328-4208または070-5041-6043
FAX:022-774-1576
Email:soup@ableart.org
WEB:http://soup.ableart.org