アートスペース コージン
menu

pickupピックアップ〜co-jin以外の展示・イベント

  • 展示

光島貴之滞在制作・展示 GOING OVER -まちの肌理(きめ)にふれる-

開催中

会場:東京都渋谷公園通りギャラリー 交流スペース(東京)

「光島貴之滞在制作・展示 GOING OVER -まちの肌理(きめ)にふれる-」では、美術家として活躍している全盲の光島貴之を招聘し、「まち」をテーマに滞在制作及び観客参加型の展示を行います。

これまで光島は、「さわることで見る」絵画の可能性を長年探ってきました。光島の作品を通して、「まち」にあふれる音や匂い、足の裏で感じる地面の質感といった、「まち」の肌理にふれる感覚を刺激します。

本企画では、開催期間中、滞在制作と一般公開の期間が交互に入れ替わります。一般公開の間は、滞在制作中の光島の作品制作に参加することができます。作品を触って鑑賞すると同時に、訪れた皆さんが作品制作に参加することによって、予期せぬ造形物が立ち上がるでしょう。それは視覚だけではない世界への入り口であり、その先に広がる「まち」にふれる機会となるかもしれません。

会期
2022年8月9日(火)-9月25日(日)

滞在制作期間
8月9日(火)-11日(木)、8月16日(火)-18日(木)、 8月23日(火)-25日(木)
※作家滞在制作中は外からご覧いただくことはできますが、一般入場はできません。

一般公開期間
8月12日(金)-14日(日)、8月19日(金)-21日(日)、8月26日(金)-9月25日(日)

一般公開の期間にできること
滞在制作中の記録映像やそこに残る制作の痕跡を感じとり、作家やほかの参加者とのコラボレーションにぜひご参加ください。

・会場では作品をさわってご鑑賞いただけます。作品の性質上、過度な力を加えると壊れてしまうので、 やさしく触れてみてください。
・会場に壁面を特設し、作家の使用する素材(ラインテープやカッティングシート、釘)を使って、滞在制作中 の作品づくりにご参加いただけます。

日程

会期の詳細は「概要」をご確認ください。

休館日:月曜日(ただし9月19日は開館)、 9月20日(火)

11:00-18:00

会場

東京都渋谷公園通りギャラリー 交流スペース(東京)

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-19-8
渋谷区立勤労福祉会館 1F

アクセス

・電車でお越しの場合
渋谷駅B1出口より徒歩5分
東急東横線・田園都市線
東京メトロ半蔵門線・副都心線にて

渋谷駅ハチ公改札口より徒歩8分
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン
京王井の頭線
東京メトロ銀座線にて

・バスでお越しの場合
バス停「神南一丁目」より徒歩2分(上り坂)
「渋谷区役所」より徒歩5分(下り坂)
次の京王バスにて
新宿駅西口発【宿51】
中野駅発【渋63】【渋64】
笹塚駅発【渋69】
永福町駅発【渋68】
(すべて渋谷駅行)

・お車でお越しの場合
首都高速(3号線)渋谷ランプより約5分
※当ギャラリーには駐車場がございません。
お車でお越しの場合は近隣の駐車場をご利用ください。

・車椅子でお越しの場合
上記「東京都渋谷公園通りギャラリー webサイト」よりご確認ください。

作家プロフィール

光島貴之 MITSUSHIMA Takayuki

1954年京都生まれ。ラインテープやカッティングシート、釘、布などを素材としたコラージュによって、主に平面や半立体の絵画作品を制作し、長年、「さわる絵画」や「触覚コラージュ」といった新たな表現手法を探求してきた。国内外での展覧会参加が多数ある他、2020年1月にギャラリー兼自身のアトリエとして「アトリエみつしま」をオープンし、触覚に着目したワークショップの実施やグループ展の企画などを精力的に行っている。

料金

入場無料

主催

(公財)東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 東京都渋谷公園通りギャラリー