アートスペース コージン
menu

pickupピックアップ〜co-jin以外の展示・イベント

  • 展示

Relation:Art Brut 写真家 大西暢夫がとらえたアールブリュット

開催中

会場:長野県立美術館、ぎふ清流文化プラザ、東松山市民体育館、社会福祉法人清心会、韮崎市民交流センター、三鷹市美術ギャラリー

写真家大西暢夫が全国を巡り出会った、7名のアール・ブリュット作家を取り巻く暖かい関係性(Relation)に着目した展示会です。

彼らが表そうとするものには、描き続けることや、切ることや、折ることなど無数の形がある。
僕たちが容易に使っている言葉の表現より、相手に伝えやすい手段なのかもしれない。たまたま彼らのその手段に驚くものが多く、僕たちの目を釘付けにしてきた。それをアール・ブリュット(生の芸術)と言うのだろう。しかしアートといえども、庶民的なところが、どの作品にも見え隠れしている。
必ずと言っていいほど、生活習慣の中にその痕跡がある。自然発生的にアートが生まれるというより、アートは暮らしの中にある。それに気がついたことで、作品がとても身近になった。きっかけや支え続けたのは、両親や恋人。彼らがいなかったら、存在しなかった表現だと思うのだ。

大西暢夫

会場
長野県立美術館地下1階ホール(長野)
〒380-0801 長野県長野市箱清水1-4-4
開催日時:
令和4年(2022年)10月22日(土)-23日(日)
9:00-17:00(展示室入場は16:30まで)

ぎふ清流文化プラザ2F長良川ホール(岐阜)
〒502-0841 岐阜県岐阜市学園町3丁目42
開催日時:
令和4年(2022年)11月3日(木祝)-11月7日(月)
10:00-17:00

東松山市民体育館サブアリーナ(埼玉)
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町4-8-22
開催日時:
令和4年(2022年)11月19日(土)
10:00-17:00

社会福祉法人清心会 法人本部会議室(埼玉)
〒368-0004 埼玉県秩父市山田1199-2
開催日時:
令和4年(2022年)11月20日(日)-11月27日(日)
10:00-16:00

韮崎市民交流センター NICORIアートギャラリー1(山梨)
〒407-0015 山梨県韮崎市若宮1-2-50
開催日時:
令和4年(2022年)12月3日(土)-12月9日(金)
10:00-17:00

三鷹市美術ギャラリー(東京)
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-35-1 CORAL5階
開催日時:
令和5年(2023年)1月5日(木)-1月15日(日)
10:00-20:00(展示室入場は19:30まで)/1月10日・11日休館

大西暢夫(おおにし のぶお)
写真家、映画監督
1968年東京生まれ。岐阜県揖斐郡池田町で育つ。
東京総合写真専門学校卒業後、写真家の本橋成一氏に師事。ダムに沈む岐阜県徳山村の
取材を独自に開始する。独立後、全国を巡りダムに沈む村、精神科病棟、職人の仕事を撮り
続けている。著書に「ぶた にく」「ホハレ峠」「和ろうそくは、つなぐ」「ここで土になる」「糸に染まる季節」「津波の夜に3.11の記憶」など。

障害者の文化芸術共同創造プロジェクトとは
「日本人と自然」を障害者の視点を通して発信する「日本博を契機とした障害者の文化芸術フェステイパル」
(2020年2月-2022年3月)が掲げた、文化芸術を通した共生社会の実現を継承した事業。舞台芸術、美術、ファッションショー、バリアフリー映画等をコンテンツとする。共同創造を根底に置き、障害者と共に創るプロジェクトのあり方のモデル構築を目指している。

日程

会場によって開催日時が異なります。詳細は概要をご覧ください。

会場

長野県立美術館、ぎふ清流文化プラザ、東松山市民体育館、社会福祉法人清心会、韮崎市民交流センター、三鷹市美術ギャラリー

出展者

小林洋一
魲万里絵
関口エイ子
曽良貞義
ノナカミホ
森川里緒奈
吉澤健

料金

観覧料:無料

お問い合わせ

日本博を契機とした障害者の文化芸術共同創造プロジェクト
「巡廻作品展示」企画担当 社会福祉法人八ヶ岳名水会
〒408-0025 山梨県北杜市長坂長長坂下条1237-3
Tel:0551-45-7027
Fax:0551-32-6351
Mail:yan@y-meisui.or.jp

主催

文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、一般社団法人全国手をつなぐ育成会連合会