アートスペース コージン
menu

exhibitionco-jinの展示・イベント

  • 展示

Co-pic

開催中

会場:art space co-jin

山口慧太郎にとってレンズは外の世界を見るための窓ではなく、シャッターを押す時に左手をかけるためのちょうどよい突起物である。井口直人は2色に設定したコピー機で、自身の顔を複写する衝撃的な行為を20年あまり続けている。思い出のある写真が朽ちた古写真のように変化するのは、杉浦篤が深く愛でるように触れるから。幼少の頃からカメラを手にして日常を切り取ってきた中田啓瑛は、日々自身のファッションを記録している。米田祐二の写真は日々の暮らしの中での視点を映し出すが、撮影からはじまる一連の工程が他者とのコミュニケーションの重要な手段となっている。

本展ではart space co-jin+picture=「Co-pic」と題し、上記5名の営為の中から、写真を通して生じた独自で多彩な世界を紹介する。そこでは「表現」や「作品」といった枠組みでは捉えきれない景色が広がる。

日程

2024年4月12日(金)–6月23日(日)

月曜休廊

10:00-18:00

会場

art space co-jin

出展作家

井口直人
杉浦篤
中田啓瑛
山口慧太郎
米田祐二

出展作品

井口直人《無題》(2018)364×257mm 紙、複写機
杉浦篤 題名なし(制作年不詳)サイズ可変 カラー印画紙
中田啓瑛《無題》(2021)サイズ可変 カラー印画紙
山口慧太郎《手がかり 手袋》(2020)サイズ可変 カラー印画紙
米田祐二《無題》(制作年不詳)サイズ可変 カラー印画紙

料金

無料

主催

きょうと障害者文化芸術推進機構 art space co-jin

協力

社会福祉法人 さふらん会 さふらん生活園、社会福祉法人 みぬま福祉会 工房集、一般社団法人 ヴァリアスコネクションズ ツナガリの福祉所